西島悠也|現行車と旧車のメリット・デメリット

西島悠也|現行車と旧車は別の魅力

 

西島悠也

 

 

現行車と旧車には、それぞれ別の魅力があります。
現行車は、軽量されたり付属されたシステムが常に更新されていき、機能的にもどんどん便利になってきています。
現行車自体の性能が上がっているので、運転手のテクニックが必要とされなくなっています。
旧車には、旧車の魅力がもちろんあります。
わざわざ古い旧車に乗る必要はありませんが、そこは乗る人の浪漫や憧れで乗る人も多いようです。
一見、旧車はデメリットの方が多いようなイメージもあります。
修理する時にパーツを揃えることがなかなか困難で、買えたとしても中古品だったり、高額だったりします。
本体自体の値段も高いので、旧車を乗ることは言わば一種の趣味、コレクションといってもいいのではないでしょうか。
ですが、それでも尚、今でも人気のある旧車の魅力はいくつもあります。
意外と現行車よりも速い旧車があります。
また整備が簡単です。
旧車は現行車よりも構造が単純で整備は、現行車ほど難しくありません。
現行車の方がセンサーを外したり電子制御であったり、個人で整備をするのも難しくなっています。